2016年8月3日水曜日

ふりーとーく (トリップアドバイザーって知ってますか?)

最近の私のブログを振り返ってみると、ちと脱線気味。
本来の旅の経験を、いろいろなエピソードをつづって皆さんにお届けしなければいけないのですが、少しづつ元の路線に戻しますのでお待ちくださいね。

ところで今日は、私が旅から戻ると結構まじめに記録していることがあります。
それは「トリップアドバイザー」というサイトの書き込みなんです。
最近の渡航先

今でこそ旅の情報サイトは星の数ほどあります。でもそんなに未だ無いころ、例えば「地球の歩き方」なんか皆さんも重宝されたんではないでしょうか? そのようなアナログ情報の時代あたりに既に、実際の旅行者が現地リポートを発信しているサイトがありました。

アメリカでの発足が2000年。日本にやってきたのが2008年。
私自身も旅ではかなり情報では助けられました。
特に日本で発足してからは、日本人の細かい気づきと視点で、一読者としても面白いなーと思っています。(海外からの投稿は日本人ほど細かいところを気にしていない。)

その「トリップアドバイザー」なる投稿サイトなのですが、ボランティアみたいなものなので、はっきり言って何も出ません!くれません!  私はそのほうが公平に物言いが出来てよいと思っています。そして一番良いのは、書いた記事は、必ず書かれた相手にわかるシステムになっているということです。
航空会社や宿泊施設、レストランまた観光施設まで全体が対象なんです。もちろん海外、国内もあります。

最終レベルまであと一歩!
何か不都合を書いた場合に、相手により違いますが、海外の場合、指摘に対しての感謝と対応策の返信がちゃんと帰ってくるのは、これから旅行でプランニングをしている人にとってもいいことだと思っています。 またその返信をうけて、また行ってみよう!なんてことも実際多々あります。
そのようなときは、相手もわかっていますので、小さな手土産などをプレゼントしたことも.....。

約30000人もの人が私の記事を読んでいただいているので、少しでも役立ててもらえる様、私も無責任な記事は当然書けません。

日本の施設の場合も勿論ありますが、企業対応が慣れていないのか、残念ながら対応に関しては意外にもないのが実情です。 反応なーし!
またそのようなところに限って、「二度と行かない!」などとはっきり書かれています。

せっかくの楽しい旅行を台無しにしないためにも、ぜひ情報活用してみてはいかが?