2018年1月24日水曜日

おやじの好奇心。 体で実践! のその後....

今日自分のFACE BOOKをみたら、去年の今頃掲載写真が載っていました。

ここはタイのPATTAYA。ぐちゃぐちゃに混ぜた繁華街と、ビーチリゾートで年中を通してにぎわっている場所です。
去年だけでも4回ほど渡航しているのですが、いつも借りる貸しマンションからの足はレンタルバイク。余程と遠出をしない限り、事足りてしまいます。

この日もサンクチュアリー・オブ・トゥルース(Sanctuary of Truth North Pattayaにあります。

へ行ってみたくなり出かける途中、たまたま抜け道を通ってみると、なんか気になる店があったのでバイクを止めて近づいてみると.....。

そこは上のタイ語看板の『ビューティークリニック』
英語で小さくSkin Cosmetics....とかかいてあるだけ。

ガラスのドア越しに中を覗くと受付にピンク色のナース服を着たお姉ちゃんが4人も座っていておいでおいでしています。
取り敢えず
『サワディカップ』
右の方を見ると診療台に寝そべって肌治療を受けている5人ほどの姿が見えます。ざっと見ても年輩者は誰もいません。
それも男女混じって.....。
看護婦さんといろんな話をしましたが、タイの若者は男女とも美容に関心が高く、強い日差しから特に美白には執着があるようです。

一方話の中、私はしわ取りに興味を持ちました。
歳だからショウガナイのですが、眉間の深い縦皺だけは気になっていたのですが、旅行ついでにものはためし...
っで、値段を聞くと眉間とおでこ両方で5900バーツ。
その時は安い!と思ったんだけど.....。

結論から言うとやってみました。ボトックス注射。
ボトックスですから、ボツリヌス菌を皮下にブスッと!(◎_◎;) 結構痛いかも…

写真は施術後の注意書きで、稀に〇〇のような症状がでることがあります。とか、してはいけないこと、またしなければいけない事など、事細かにかいてありますね。

では、実際どうなっているのかお知らせします。

①まずカウンセリングを受け、自分の気になっている部分を伝えます。

②本次に写真を撮られます。(ビフォー  アフターなんでしょね)

③次にメンテナンスルームみたいな他のお客さんがいる部屋の施術台に、寝かされ、
注射を打つ部分の皮膚消毒をします。

④そのあと、麻酔クリームをぬり、15分ほどそのままに。
すると、感覚的に自分でも皮膚の感覚が変わってきているのがわかります。

⑤そして、別室の施術ルームへ案内されます。

もちろん、先生(みんながドクターと呼んでいた)のですが、白衣ではなく、プミポン国王の喪に服しているためか、黒服です。それもミニスカート姿。まあなんでも格好はどうでもいいんですが、どう見ても先生というより、お水のオネーチャンに見えてしまう。

⑥「はい、わざとシワ寄せてー    ここね、、、」
っていうことで、ブスーって!(◎_◎;)
麻酔は効いているはずなのに、結構痛いかも。
2、3分の時間で終了。

そして、終了後、注意事項の説明を受けて終了と相成りました。

まあ、持っても半年の効果...でも若干薄いかな?

それからしばらくして日本のCMの『湘南美容外科』を見たときはショックでした....

しわとり1本3900円。

なんのこっちゃ日本の方が安い....。


2018年1月23日火曜日

大雪の思い出 皆さんは無事でしたか?

昨日、今日でとんでもない目にあった人も中にはいるのではないでしょうか?
たとえは、歩いてすってんころリンとか、車がスリップしてガツン!とか....


朝起きたらこんな感じ。

前回の大雪の日は嫌な思い出があります。
どうしても仕事で出かけなければならず、会社に向かったのですが、到着する前に雪の上り坂道で車が渋滞。
うちの車はかなりの重さがあるドイツ車で、重さのせいか普通に登って行ってしまう。
(なんちゅーことないな.....)
と思ったら、坂頂上から車がなんと下ってきます.....  ヤバいな....
仕様がなく止まってやり過ごします。

一回坂道で止まるとどうなるか....嫌な予感的中!
もう動きません!

であれば下がれば....ということで少しずつ、少しずつ下がり始めていたところ....
なんと今度はブレーキを踏んでいてもスルーっと滑っていくではありませんか! こうなるともうハンドルに頼るというか、運まかせー!

何とか坂の底辺に間もなく無事到着というところで、最後尾の車にうちの車のバンパー角が相手の普通車の側面全部をひっかく形で停車。

衝撃がコツン程度だったのですぐに車から降りて相手の車の状況をみてなんと!
ボコボコというか(o*。_。)oペコッペコ。
うちのは凹みもせずバンパーの角の塗装きず程度。

その時はあまりにボコボコにしてしまったので、ほんとーに申し訳なく思いました。
勿論100%の過失で対応します!ということで許していただいたのですが、途中で保険会社から連絡が入ってきたのです....

『今回の事故の補償は、相手様車両価格の残存価値が低いために、修理価格が上回ってしまい、満額お支払いするのに特約分を使用してもよろしいでしょうか?』
っていうことは、もし特約を付けていなければ、超過分自腹?
結果、入っていてよかった-.....フルスペックで.....

インターネットで簡単に価格だけでは決められないと思った日になりました。
皆さんもお気をつけあれ!






2018年1月21日日曜日

マクドナルドのドッキリ?CM (ブレイクタイム)

マックのドッキリコマーシャル。
商品名がマエストロバーガー。なんか胡散臭い商品名。
なんでマエストロなのかは不明だけど、マエストロとかけて、このCM。

でもモロッコにはほんとうにあるそうな.....。っていうことはハラルフードでしょ。
きっと。

rocketnews24 参考

2018年1月14日日曜日

とんでもない歌声が....... 感動!

普段いろんなジャンルの音楽を聴いてますが、まずよほどのことがない限りいいなーと思うことがないのが本音です。(感動しない。はっきり言って聞くに堪えない。)
ところがところがですよー! いたんですねー!
このビデオは中国のプロコンテスト番組。
彼はカザフスタン出身でディマシュ・クダイベルゲン。
日本には絶対出てこない感じ。今はプロとして早くも日本のファンクラブができた模様。
だろうねー。
チャン・グンソクと誰がを混ぜたような顔立ちからは想像を絶する音域(マライアよりたぶん広帯域が出ると思う)とテクニカルに圧倒されてしまった。 すぐに日本でも話題になると思うよ。


ディマシュ・クダイベルゲン (@dimash_japan) | Twitter 


まずは聞いてみて!

2018年1月2日火曜日

あけましておめでとうございます。2018

今年も良い年でありますように。
ということで近くのお不動様へ。

ここは千葉県の山武市、成東。
成東という名前も昔は海が近かったため、『鳴涛』という字の表記を見かけたりします。
お参りに出かけたところは、このエリアにあるお不動様で、
『浪切不動尊』という名前で親しまれているところで、京都の清水寺と同じような舞台つくりになっている珍しい作りになっています。
創建当時は名前も示している通り、海辺が近かったようですが、今はここから海辺までは8キロ離れています。なかなか味わいがあるところです。

もとはといえば私自身東京の深川出身なので、正月、日本に居る時はいつも深川の門前仲町にあるお不動様までわざわざ出かけていたのですが、と言って成田の本院は人がうじゃうじゃ。行く気になれません。
(残念なことに昨年の富岡八幡で起きたこともあり、地元のお不動様で祈願することにしました。)

今年も皆さまにとって良い年になりますように...。

2017年12月21日木曜日

やっぱり歳か? (三味線練習 二人椀久)


最近、大学の長唄研究会の発表会にたまにお邪魔する機会があった。
この前も、東京の月島で東大の長研の発表会があり、千葉のド田舎から車を飛ばして行ってみた。 以前駒場のキャンパスの部室を訪問させていただき、練習風景も見させてもらい、こんなマイナーな古典を部員が一生懸命長唄を練習しているところをみて実に感激したものです。っで12月の発表会の演目の中に、『二人椀久』が.....。 
もちろん難曲。 演者はOB/OGでしたが実によく弾きこなしていて感激・感動。
聞く耳は年をとってもそんなに衰えないのですが、いざ自分が弾いてみると.....。
手が動かないーっ。回らねー。 頭の中と手が一致しないなんともふがいないことに...。

これからは、ボケ防止のため少しは練習しようと思っています。